美容整形で人気のほくろ除去!治療内容とほくろの仕組みを知ろう

  1. ホーム
  2. 見た目の印象が変わる

見た目の印象が変わる

顔を触る人

コンプレックス解消

顔のほくろはその人の印象として強く残ってしまいます。ほくろを個性として考えることができるのであればそのままでも良いでしょうが、中にはコンプレックスになってしまっている人もいるでしょう。口元にあるほくろであればセクシーさを演出することができますし、場所によってはそのままの方が良い場合もあります。ただし、コンプレックスを抱えている人にとっては悩みの種になるでしょう。今回は、ほくろの除去に関して詳しくお話していきます。ほくろの除去にはメスを使用してくりぬいて縫合する方法と、皮膚科などでレーザーで焼いてしまう方法が一般的に浸透しています。メスでくりぬいて縫合する方法で除去する場合は、ほくろより一回り大きい皮膚をくりぬきます。ある程度深くまで切り取るので再発することがないのが最大のメリットと言えるでしょう。血流の良い場所でもありますので、回復も比較的早いのが魅力です。また場所によっては縫合した方が傷が目立ちにくいと言われていますので、医師と相談の上どの方法が自分に適しているのか考えてみましょう。また、今では一般的な方法でもあるレーザー治療は、ほくろの濃さや大きさによってレーザーを照射した際に痛みが出てしまいます。そのような場合には、必要に応じて麻酔も使用されることがあるようです。この方法は傷跡が少ないというメリットがありますが、治療期間は多少他の方法に比べて長くなってしまうのがデメリットと言えるでしょう。また、レーザーを使用する中でも最近では炭酸ガスレーザーを使用して除去する方法もあります。炭酸ガスレーザーによって、ほくろ組織を水蒸気にし蒸散させます。この方法を行うと、周囲への影響も少なく傷が治るまでの時間が短いので、レーザーを使用して除去したいと考えているのであれば、炭酸ガスレーザーが断然おすすめです。特に盛り上がっているタイプの人に向いている方法と言えるでしょう。そして気になるのが、除去する為の費用。レーザー治療を行う場合、大きさなどによって費用が異なってきます。2〜3mm程度のものであれば、1万円前後で行うことができます。1mm大きくなるごとに5千円〜1万円ぐらい増えていくシステムの場合が多いようです。この費用を高いと考えるかどうかは個人差があるでしょうが、意外に安いと感じている人もいるのではないでしょうか。除去する費用にプラスして初診料や薬剤、消毒などの費用もプラスされます。レーザーやメスを使用することができるのは、美容皮膚科・形成外科・美容整形外科等が対象となっていますので、まずはお近くのクリニックに費用について問い合わせしてみましょう。ほくろの除去はそこまで難しいものではないですし、傷跡はほとんど残らないと言われているポピュラーなものです。エステサロンなどで施術する場合は、その方法が本当に正しいものなのかしっかり確認しておきましょう。中には悪徳なエステサロンも存在していますので注意してください。コンプレックスを抱え続けて生きていくよりも、悩みを解消してしまった方が人生楽しく生きていくことができますので一度検討してみましょう。